→ 人気 Ranking
kiyomiyat01
↑6回1死、中三塁打を放った早実・清宮
勝利した東海大福岡ナインが、早実(東京)清宮幸太郎内野手(3年)の打球に目を丸めた。象徴は6回1死走者なしの場面。清宮が右翼へ放った打球は平凡なフライに思われたが、右翼とカバーに入った中堅の間に落ち、三塁打になった。
東海大福岡の右翼を守っていた前原生弥外野手(3年)は「初めて見た高さ。風船みたいだった」と驚いた。最初は落下地点に入ったものの、打球が落ちてくるにつれ「急に伸び始めた」。強い風が吹いていた訳ではないが「清宮くんはボールの下をたたいて、スピンをかけてホームランにしている。それがあって伸びたのかもしれない」と分析した。カバーに入った中堅の有安晟真外野手(3年)も「(高さは)初めてですね。ライトは落下地点が分からなかったのだと思う」と苦笑いだった。

kiyomiyat1
↑1回・清宮の第1打席は2死で三飛に倒れる

kiyomiyat2
↑4回・清宮の第2打席は無死一ゴロに倒れる

kiyomiyat4
↑8回・清宮の第4打席は無死、右翼線を破る二塁打を放つ
kiyomiyaf01
↑第5打席は5球目を打ち上げて遊飛。5打席中4打席を先頭打者で迎えるなど好機で打席が回らなかった。試合後、悔しそうな表情で引き揚げる早稲田実の清宮