→ 人気 Ranking
kiyomiyam01
↑1回・清宮の第1打席は1死一塁で中前打を放つ
kiyomiyam02
↑3回・清宮の第2打席は1死で中飛に倒れる

kiyomiyam03
↑6回・清宮の第3打席は1死で捕邪飛に倒れる

kiyomiyam04
↑8回・清宮の第4打席は先頭打者で左飛に倒れる

kiyomiyam06
そして9回表、1点を追う2死一塁。早稲田実(東京)・横山優斗の打球は、明徳義塾(高知)の投手・北本佑斗へのゴロとなり、ダグアウトの明徳・馬淵史郎監督が「終わった、思うてベンチから一歩出ようとした」。ところがボールは、「次が清宮(幸太郎)という意識もあって、焦った」北本のグラブをはじく。

そして清宮に、回るはずのない5打席目が回ってきた。
kiyomiyam05
↑1点を追う9回、2死一、二塁から清宮が四球を選び、次打者・野村の押し出し四球で同点とする

8回までの北本は、7安打2失点。清宮に1安打、野村には2安打されたが、打点は許していない。ただ、「清宮の3回のセンターフライは、すごかったね。(スラッガー特有の)あんなに高く上がる打球は、久しぶりに見たわ」と、凡退でも敵将を感嘆させていた。
kiyomiyam08
↑10回裏・最後の打者筒井の遊ゴロで延長戦を制し雄たけびを上げる清宮

そして9回には、同点を呼ぶつなぎの四球。清宮は言う。

「自分は4・1(よん・いち=4打数1安打)ですよね? 自分が打てなくてもみんながカバーしてくれて、持ち味を発揮した試合だと思います。自分たちは正直、点を取られないチームじゃないし、3点先制されてもまったく動じることはありませんでした。人生最初で最後のセンバツなので、楽しんでやりたいですね」
kiyomiyam07
↑笑顔でスタンドに駆け出す清宮(左端)ら早稲田実の選手たち

その存在が相手のエラーを誘い、ファウルのスイングでびびらせた四球が同点を呼んだ。清宮は、ホームランでも打点でもなく、“オーラ”で勝利に貢献した。