★11月15日(火) 明治神宮大会
→ 人気 Ranking
<明治神宮大会:履正社11―6早稲田実業
◇14日◇高校の部決勝◇神宮
riseisya11151
↑履正社対早実 初優勝し喜ぶ履正社の選手たち
第47回明治神宮野球大会高校の部は15日、決勝が行われ、清宮幸太郎主将(2年)を擁する早実(東京)は履正社(大阪)に6―11で敗北。1976年以来40年ぶりの同大会制覇はならなかった。履正社は同大会初優勝。4―6の4回に打者一巡の猛攻で7点を奪って逆転勝ちした。近畿地区は来春センバツの「神宮大会枠」を獲得した。
waseda11151
↑履正社・竹田(左)と安田(右)から声をかけられた早実・清宮幸太郎
早実は初回、「3番・一塁」で先発出場した清宮が先制ソロ。頼れる主将の今大会初アーチで幸先よく1点を先取した。
waseda11153
↑初回に弾丸ライナーでスタンドに運んだ清宮
しかし、直後の2回に同点とされると、3回1死一、三塁から履正社のスラッガー・安田が右翼へ豪快な3ラン。1―4と3点のリードを許した。
それでも早実は3回に無死一、二塁の好機を作ると、清宮が甘く入った初球を逃さず追撃の適時打。続く4番・野村も左中間フェンス直撃の2点適時打を放ち、主軸の連打で同点に追いついた。その後、6番・小西と8番中川の適時打で2点を加えて6―4と逆転に成功した。
だが、直後の4回に2番手・赤嶺が履正社打線に捕まる。7番・片山に3ランを浴びるなど、この回だけで7失点を喫し、6―11と一気に試合をひっくり返された。
3回までに6点を奪った早実打線だが、中盤以降はあと一本が出ず無得点。9回にも2死満塁の好機を作ったが得点を奪えず、40年ぶりの快挙はならなかった。
waseda11152
↑履正社に敗れて優勝を逃し、悔しそうな早稲田実の清宮(左端)
試合後、清宮履正社に敗れて優勝を逃し、悔しそうな早稲田実の清宮(左端)らは「もちろん優勝を目指して戦ったんですけど、力負けしてしまったかなという感じ。上には上がいる。逆にここで優勝ではなく準優勝で終わることで、さらに成長できるきっかけにもなったかなと思う。ひと冬越えて、またもっと強いチームにしてきたい」と清宮。悔しさをバネに、センバツでの大暴れを誓った。