→ 人気 Ranking

秋季東京都高等学校野球大会・決勝◆
早稲田実業8☓-6日大三(3日、神宮球場)
kiyomiya11030
↑秋季東京都高等学校野球大会優勝で胴上げされる早稲田実業・清宮幸太郎
来年のセンバツ大会出場校選考の重要な資料となる秋季東京大会の決勝が3日、神宮球場で行われ、早実は日大三に8-6でサヨナラ勝ち。11年ぶりに秋季東京大会を制し、来年のセンバツ出場が確実となった。
kiyomiya11031
↑サヨナラ勝ちし、跳び上がりながら雄叫びをあげる早実・清宮幸太郎

「3番・一塁」で先発出場した早実の主将・清宮(2年)は、九回の好機で回ってきた第5打席で空振り三振に倒れるなど5打席連続三振。日大三の左腕・桜井の変化球に苦しみ、「こんなに三振したのは初めて」と苦笑いを浮かべた。
nomura1103
↑9回にサヨナラ2点本塁打を放った早稲田実の野村
それでも、主将としてナインを鼓舞。サヨナラ勝ちで秋季東京大会を制したチームについて「最初、硬さがあったけど、公式戦を重ねていくうちに徐々にみんなの力が出るようになって…。総合力があるいいチーム」と胸を張った。

これで11日に開幕する明治神宮野球大会の出場が決定。「今のチーム力に自分のバッティングをプラスして、しっかりパワーアップしたい」と飛躍を誓った。

一方、日大三は早実にサヨナラ負けし準優勝。来春センバツ出場が微妙となった。
reoo11031
↑5回表日大三1死一、二塁、同点3ランを放つ金成

1-4で迎えた5回、大砲の5番金成麗生(かなり・れお)内野手(2年)が右中間へ同点3ラン。金成は4-4で迎えた9回にも一時は勝ち越しとなる2点適時二塁打を放つなど4安打5打点と打ちまくった。金成は193センチ、101キロ。ニックネームは、米俳優レオナルド・ディカプリオにかけて「体が大きくて(名前が)レオなので、デカプリオです」。
sakurai1103
↑清宮から5三振を奪うなど力投した日大三・桜井

しかし9回裏、清宮を5打席連続三振に仕留めたエース桜井周斗投手(2年)が力尽きた。6-6の同点に追いつかれると最後は4番野村にサヨナラ2ランを打たれ涙をのんだ。
センバツ出場枠は東京・関東で「6」。優勝した早実と関東の4強(作新学院、東海大市原望洋、前橋育英、高崎健康福祉大高崎)は当確。残る1枠を関東8強の慶応、横浜、山梨学院、中央学院と争うことになる。



























[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

早実野球部栄光の軌跡新装版 [ ベースボール・マガジン社 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/11/3時点)